【深夜の駐車場から出てきた車に職務質問】新潟県上越市で酒気帯び運転をした男性(32歳)を現行犯逮捕

新潟県警察本部

新潟県警察交通機動隊は5月19日3時43分、自称新潟県上越市大字大渕在住で会社員の男性(32歳)を、酒気帯び運転の容疑で現行犯逮捕した。

逮捕された男性は、同日2時58分ころ、新潟県上越市昭和町2丁目地内の市道において、酒気を帯びた状態で普通乗用自動車を運転した疑い。

繁華街の駐車場から出てきたこの自動車をパトロール中の警察官が発見。運転していた男性に声をかけたところ飲酒の疑いがあったため、アルコール検査を実施し、規定数を上回る指数が確認されたため現行犯逮捕となった。

男性は、「飲酒運転をしたことは間違いありません」と容疑を認めている。

 

【このほかの新潟県内の事件・事故・火災】

【焼酎8杯などを注文するも・・・】新潟市北区の飲食店で無銭飲食をした自称解体業の男性(45歳)を現行犯逮捕(2024年5月20日)

【事件・事故・火災】1週間まとめ 5月12日〜5月18日

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓