【家庭内トラブルの通報から発覚】新潟市東区在住で看護師の女性(43歳)を覚醒剤を使用した疑いで緊急逮捕

新潟東警察署

新潟東警察署は5月19日11時10分、新潟市東区松崎在住で看護師の女性(43歳)を覚醒剤取締法(使用)違反の疑いで緊急逮捕した。

逮捕された女性は、2024年5月上旬から逮捕された5月19日までの間に、自宅において覚醒剤を使用した疑いがもたれている。

発覚までの経緯は、女性の家族が家庭内トラブルで同署へ「警察官来てください」と通報。かけつけた警察官が女性の様子を不審に思い、任意採尿で鑑定したところ陽性反応が出たため、同署に同行を求め、逮捕へと至ったもの。

逮捕された女性は「覚醒剤をやったことは間違いありません」と話しているという。警察は入手先や動機などの捜査を進めている。

 

【このほかの新潟県内の事件・事故・火災】
【犯人は凶器を所持したまま逃走】20歳代女性が刃物のようなもので脅される事件が発生(新潟県上越市)(2024年6月5日)

【換金目的か】スタッドレスタイヤを盗んだ疑いで新潟市西区在住の自称アルバイトの男性(48歳)を逮捕(2024年6月5日)

【仕事上のトラブルが原因か?】自宅に押しかけ、脅迫したとして自称建設業の男性含む3名を逮捕(2024年6月5日)

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓