新潟市の中央区役所がNEXT21に移転

新潟市は、本庁舎にある中央区役所(約280人が勤務)を、中央区の古町地区にある複合ビル「NEXT21(ニイガタ・エキサイティング・タワー21)」に移す方針を固めた。

 

NEXT21の建つ古町地区は、近年、大和百貨店や老舗書店「北光社」の撤退のほか、駅前や万代地区との競争激化などで、空洞化が深刻化している。

 

 そんななか、「1989年まで新潟市役所の本庁舎のあった場所にあるNEXT21に中央区役所が移転することは、中央区民の利便性向上のみならず、中心市街地の活性化につながるのではないか」と地元関係者の期待が高まっている。

 

 一方、道路を挟んで隣接する旧大和百貨店跡地には、再開発ビルが建設される。当初、中央区役所は、この再開発ビルへの低階層への移転を希望していたが、金融機関が入ることなどから断念。ただ、金融機関をはじめとする企業などが入居することで、こちらも古町地区の活性化につながると期待を集めている。

 

 このほか、「新潟に事業所を設置したいという県外企業は多いが、ICTに対応したビルが少なく、なかなか進出してこない」と事情通。

 

「こうしたICT対応のビルを増やしていくこと」(事情通)に加え、人気の高いショップやテナントの誘致、BRTの利便性向上なども、古町活性化に向けた課題といえる