岩室温泉の富士屋が禁煙客室を増室。露天風呂もリニューアル

富士屋(新潟県新潟市、武藤慶太社長)は、新潟・岩室温泉にある「自家源泉の宿 富士屋(全64室)」の禁煙客室を従来の3倍の42室に増室した。

 

リピーター客の健康意識の高まりや、近年増えている外国人観光客からの要望を受けての増室。なお、喫煙コーナーは館内1階・玄関横に設けているそうだ。

 

一方、禁煙客室の増室にあわせ、最上階にある展望大浴場の露天風呂もリニューアルした。

 

富士屋は2012年に自家源泉の掘削に成功。岩室温泉で唯一自家源泉を持つ宿として、露天風呂付客室と、展望大浴場にある源泉掛け流しの露天風呂を備えている。しかし、開湯から約5年弱の歳月がたち、源泉成分が濃すぎた影響などから、露天風呂の一部に腐食が発見されたため、禁煙客室増加工事に加え、展望大浴場の露天風呂のリニューアルも実施した。

 

なお、富士屋では姉妹館として「著莪の里 ゆめや(しゃがのさと ゆめや)」という小規模な旅館も経営。新潟随一の高級旅館として多くのリピーターを集めている。

 

自家源泉の宿 富士屋

http://www.hotel-fujiya.co.jp/


著莪の里 ゆめや
 

http://www.i-yumeya.com

(露天風呂には、檜と浴槽床に十和田石を贅沢に使用。岩室と周辺の山々の自然を眺めながら自家温泉を満喫できる。またPh(水素イオン指数)7・5以上は“美人の湯”と言わるなか、同館はそれをはるかに上回る数値(Ph8・3)となっていて、まろやかなお湯を楽しめるという)

(東館ベッド付和室)