県がロボット関連ビジネスセミナーを今月24日に開催

 新潟県は、ロボット関連ビジネス参入促進セミナーを24日午後13時30分から新潟県自治会館で開催する。閉会は16時10分。

 

 セミナーは今後市場の拡大が期待されるロボット分野への県内企業の参入促進を図るために開催する。内容は、県の平成27年度事業の成果報告、介護ロボット関連産業創出事業補助金の成果報告、日本ロボット工業会による国内中小企業のロボット活用事例紹介など。

 

 このうち、介護ロボット関連産業創出事業補助金の成果報告を行う企業は以下の通り。

 

・越後工業ロボットスーツ専用の補助具の試作開発

・愛広会豊浦病院=ロボットスーツの介護従事者作業軽減効果検証と周辺機器開発向け提案

・愛広会新潟リハビリテーション病院=ロボットスーツを活用したフィットネス体験ツアーの創出

・エアフォートサービス­=無人航空機による遭難、救難救助者への物資輸送システムの開発

・BSNアイネット=パーソナルロボットPepperを活用した窓口サービスの創出

 

 また当日は、介護リハビリなどの分野で注目を集めるサイバーダイン社の「ロボットスーツHAL」をはじめとする最先端ロボットを展示する予定。

 

サイバーダイン社ホームページ

http://www.cyberdyne.jp/

 

 定員70で参加費は無料。申し込み締め切りは8月22日。以下の県ホームページから申し込みが可能。

 

県ホームページ

http://www.pref.niigata.lg.jp/sangyoshinko/1356847860009.html

 

 なお県では、ロボット関連産業(介護ロボットなど)のほかに、健康ビジネス、次世代自動車産業、航空機産業などにも注力している。

 

県産業関連のホームぺージ

http://www.pref.niigata.lg.jp/roseikoyo/1356792483877.html

http://www.pref.niigata.lg.jp/sangyoshinko/