「旧小澤家住宅周辺の歴史的町並みを考える会」が新潟漆器の展示会を26日から開催

   旧小澤家住宅周辺の歴史的町並みを考える会は、旧小澤家住宅(新潟市)周辺に残る歴史的町並みを地域の価値あるものとし、それを活かした、地域の活性化の活動を行ってる。

 

 今回その活動の一環として、 江戸時代の初めに始まったとされている、新潟漆器の展示会「湊下町展 新潟漆器篇」を開催する。開催期間は8月26~28の3日間。会場は中央区下町の小澤家のほか、高須家、斎藤呉服店、林仏壇店。

 

新潟漆器は、多彩な“塗り”が特徴。とくに竹塗りは、下地の際に錆で竹の節などを作り、その上に色漆で竹の肌や模様をつけるという他の産地では見られない珍しい塗りで、「本物の竹と見間違える程です」(同会)

 

一方、同会では伝統的な技術を継承しつつ、ステーショナリーやアクセサリーなど、新たな商品開発に積極的に取り組むとともに、新規顧客獲得のため、地元専門学校や酒造会社など異業種の団体と連携し、新潟漆器を使った食事やライフスタイルの提案も行っている。

 (写真は県HPから引用)