新潟ー台湾線が11月に新たに定期就航

 新潟県は24日、新潟―台湾線が11月から新たに就航すると発表した。運航会社は、台北市に本社を置くファーイースタン航空(遠東航空)。

 

 今年11月4日から来年3月27日まで週2便運航。当面は、チャーター便といて運航し、国の許可が下り次第、定期便として運航する。

 

 県では、アウトバウンドの促進のみならず、台湾からのさらなる誘客に向け、秋冬の新潟の魅力をアピールしていく。加えて、通年化に向けた取り組みも行っていく方針だ。 

 

(月曜日)

台北(13:45)→新潟(18:00)、新潟(19:00)→台北(22:05)

 (金曜日)

台北(8:45)→新潟(13:00)、新潟(14:00)→台北(17:05)

 ※いずれも現地時間(なお日本との時差は-1時間)