長岡市の産業を学べる「長岡市産業展示室」

 県内屈指のものづくり産業の集積地、長岡市--。長岡市産業展示室は、県内電子機器や液晶、半導体などのハイテク産業から、伝統産業まで、長岡のものづくりを映像や模型や実物で楽しみながら学べる。

 

 また、様々な企業の商品やパンフレットも展示されており、市のホームページによると、展示室に設置する展示物や会社紹介などパンフレットを募集しているという。

 

住所/長岡市千秋3丁目315-11(ハイブ長岡1F)

開館時間/午前9時~午後5時

休館日/毎週月曜日、祝日の翌日、12月28日から翌年1月4日

入館料/無料

  

明治中期の東山油田の開発に用いる石油掘削機械の製造・修理などの需要に端を発し、機械加工、鉄工業などの産業が集積していったという。 

昭和6年、丸栄機械製作所が当時500円で購入し、約40年使用した工作機械。 

ハイテク製品から、小国和紙、与板打刃物、栃尾てまり、栃尾繊維といった伝統産業、食品まで、様々な産業の商品も展示されている。