JA全農にいがた、新潟東港工業地帯に米集荷施設を建設中

 JA全農にいがた(全国農業協同組合連合会新潟県本部)は今年6月29日に、新潟県と新潟東港工業地帯の土地売買契約を締結。現在、同地帯に米の集荷施設の建設を進めている。

 

 今年9月に着工し、2017年6月の完成、8月の稼働開始の予定。総投資額は約20億円。 

 

 土地の広さは、2・1万平方メートルで、建築面積1万800平方メートル。収容力2万トン程度の「新潟米広域集出荷施設」で、海外輸出も視野に入れている。