日経BPコンサルティングが「大学ブランド・イメージ調査」、県内大学もエントリー

 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区、戸田雅博社長)は、10年目になる「大学ブランド・イメージ調査2016-2017」の結果をまとめ、11月30日に調査報告書を発売した。

 

調査は2016年8月に実施し、全国9地域455大学について、各大学の認知やイメージなどを尋ねた。

 

このうち【東日本編】の「ビジネスパーソンからの回答結果」によると、東日本編の各地域の大学ブランド力トップは[北海道]北海道大学、[東北]東北大学、[北関東]筑波大学、[甲信越]信州大学となった。

 

(※東日本編は北海道、東北、北関東、甲信越の4地域を対象に、それぞれ独立して調査を実施。調査対象大学数は、北海道13校、東北38校、北関東19校、甲信越22校)

 

このうち甲信越地方では22校の中、信州大学(76・5ポイント)が第1位。第2位は新潟大学(68・5ポイント)、第3位は山梨学院大学(58・4ポイント)となった。上昇率第1位は、2017年4月に公立大学法人化を控えた長野大学で、3・3ポイント上昇した。

 

 また、今回の調査では、「在学中の資格取得に積極的である」大学として、北海道では北海道教育大学が、東北では東北福祉大学が、北関東では茨城キリスト教大学および高崎商科大学が、甲信越では上越教育大学が、それぞれ第1位を獲得した。

  

「他大学にはない魅力がある」の項目では、北海道では北海道大学、東北では東北大学、北関東では筑波大学、甲信越では長岡技術科学大学が第1位に入った。