あっぱれ!新潟の女子力 在宅ワーカー80人チームの技術で世界戦略へ

新潟市の(株)テクノクラフト(西蒲区、栂坂昌業社長)が開発したアプリ「スマートゴルフナビ」は、国内全ゴルフ場の全コースデータを網羅したサポート情報を搭載したスグレモノ。

 

GPSを駆使して、ボールの位置からグリーンまでの距離がほかバンカーやハザードまでの距離も明示されるだけでなく、ドッグレッグやブラインドコースではグリーンの方向へ矢印が示されるという。

 

まさにアマチュアゴルファーの強い味方。

 

国内のゴルフ場は約2400カ所、そのコースひとつひとつのデータを集めてレイアウトを作画したのは、同社の子会社・(株)クラウドデザインが募集した20名の在宅ワーキングチーム。

 

全員女性で、その多くが子育て世代のママだという。

 

デザインや情報処理の分野で高いスキルを持ちながら、結婚、子育てなど家庭の事情で仕事を離れなければならなかった女性ワーカーたちが獅子奮迅の活躍をしたというわけだ。

 

そして今回、この「スマートゴルフナビ」がバージョンアップを機に世界に向けて配信される。

 

ニューバージョンは米国のゴルフ場データも網羅されるという。米国におけるゴルフ場の数は日本国内の比ではなく、全部で1万7000カ所以上だそう。

 

在宅ワーキングチームは大幅に増員し、現在80人体制で奮闘中。来春には米国5州のゴルフ場データを追加搭載したアプリが配信される予定。

  

新潟の女子力が海を渡って全米のゴルフ場を攻略する日は近い。あっぱれ!

開発サポートを行った(株)クラウドデザインも社長以外は全員が女性スタッフ