鳥インフルエンザ、今後の見通し

 関川村と上越市で相次いで発生した鳥インフルエンザ。

 

 関川村では5日に、殺処分や埋却などの防疫措置を完了。16日に、半径3km内の養鶏場の鶏を対象に清浄性確認検査を行う。

 

 そして、この検査で陰性となれば、20日に半径10km圏内の搬出制限を解除し、27日には半径3km圏内の移動制限が解除される予定だ。

 

 一方、上越市では、殺処分は終わっており、本日中にも消毒、埋却などを行い、防疫措置を終了させる。

 

 その後、17日に、半径3km内の養鶏場の鶏を対象に清浄性確認検査を行う。

 

 そして、この検査で陰性となれば、21日に半径10km圏内の搬出制限を解除し、28日には半径3km圏内の移動制限が解除される予定だ。