新潟マーケティングカンファレンス2016開催、基調講演にメンタリストDaiGo 氏

 128日、新潟市中央区の朱鷺メッセにおいて「新潟マーケティングカンファレンス2016」が開かれ、テレビ等の読心術パフォーマンスで知られるメンタリストのDaiGo氏が基調講演を行った。

 

「新潟マーケティングカンファレンス」は今年で2回目。主催はグローカルマーケティング株式会社(新潟市・今井進太郎社長)。同社は「地域創造カンパニーとして在り続ける」のビジョンを掲げる新潟のコンサルティング企業。マーケティングの実践的なノウハウを提供するセミナー「新潟マーケティング大学」を展開し、延べ2000名以上が受講している。

 

「カンファレンス」は「新潟の地で最先端のノウハウを吸収し、マーケティング力を高める」ことを目的として開催され、この日もセミナー受講者200名が会場を埋めた。

 

 DaiGo氏は現在パフォーマーを引退し、メンタリズムを活かした企業コンサルティングや作家活動を行っている。また新潟リハビリテーション大学では特任教授を務めている。著書の累計売上は約150万部。

 

 この日の講演のテーマは「ビジネスで活用できるメンタリング」。メンタリング(人心操作法)をマーケティングに活かすノウハウ、特に“相手からイエスを引き出すテクニック”について語った。

 

「相手からイエスを引き出すには、自分を有能に見せるよりも好感度を抱かせるほうが効果的。そのためには会話して3分で相手と自分との共通点を3つ見つけ出し、それをアピールしていくこと」など、目からうろこの“メンタリング営業術”を伝授した。

  

「肖像権などに強いこだわりはないし、知識は次々に新しいものが蓄積されていくべきものだから」(DaiGo氏)という理由で写真も録音も自由という、きわめてオープンな講演だったのが印象的だ。