県が来年度当初予算(案)の調整状況を公表

県は22日、「平成29年度当初予算(案)」の現在の調整状況を公表した。

 

12月12日現在の各部局と財政課との調整状況。12日時点で、来年度予算額(案)は、前年度の当初予算額に比べて500億円少ない1兆2587億となっている。

 

 県費負担だった教職員の給与負担(240億円)が新潟市に移譲になったことや、公債費(160億円)、選挙関係費(20億円)、などが減少したため。

 

また、公表された事業は継続事業のみだが、今後、「県民の安全・安心」「暮らせる農業や稼げる農業」「県内交通網の更なる充実」「県内企業支援「交流拡大」「質の高い教育や魅力ある教育環境」といった事項に関し、重点的な検討を行っていくという。今年就任した米山知事のカラーがどの程度出るのか注目だ。

  

正式な予算(案)の発表は2月中旬ごろになる見通し。