4区画を拡張造成中の新発田食品工業団地。早くも2区画が売却済み

新発田食品工業団地は、その名の通り、食品メーカーに進出企業を限定した団地だ。「食品製造に欠かせない良質で豊富な水が利用できます。加えて、排水処理施設が完備されており、新発田食品工業団地協同組合が排水処理を一括管理しています」(新発田市商工振興課)。まさに食品メーカーに適した工業団地といえる。

 

そんななか、現在、拡張造成工事(4区画)が進んでおり、この1月から分譲を開始した。そうしたところ、早くも2区画(2社)が売却済みになったという。

 

購入したのは、栗山米菓と日東アリマン。両社とも既に同団地内に生産拠点を構えており、将来の増設に備え、新たに造成中の土地(隣接地)を購入したのだという。

 

残り2区画(0・5haと1・0ha)。市では、「市外から食品メーカーに進出してほしい」と話す。

 

新発田食品工業団地

http://www.shibata-kigyo.jp/industry/%E6%96%B0%E7%99%BA%E7%94%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E5%9B%A3%E5%9C%B0%E3%80%80%E9%80%A0%E6%88%90%E4%B8%AD/%E8%A9%B3%E7%B4%B0%E6%83%85%E5%A0%B1-2/

 

同団地の進出企業一覧

http://www.shibata-kigyo.jp/industry/%E6%96%B0%E7%99%BA%E7%94%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E5%9B%A3%E5%9C%B0%E3%80%80%E9%80%A0%E6%88%90%E4%B8%AD/%E4%BC%81%E6%A5%AD%E4%B8%80%E8%A6%A7-2/

 

同団地リーフレット(PDF) 

http://cms.shibata-kigyo.jp/wp/wp-content/uploads/2016/02/leaflet_syokuhin.pdf

新発田食品工業団地では拡張造成中工事が進んでいる。