スマホアプリ関連のフラー株式会社が新潟市に進出

 新潟市は17日、同市が誘致を進めてきた「フラー株式会社」(千葉県)の同市への進出が決定したと発表した。1月24日(火)午前9時から、フラー代表取締役CEOの渋谷修太氏、新潟拠点代表の坂詰将也氏、新潟エリアマネージャーの畠山創太氏が篠田昭市長を訪問する。

 

 同社は平成23年11月の設立。スマホアプリの分析支援事業「AppApe(アップ エイプ)」や、スマホアプリの開発支援事業「Joren(ジョーレン)」を手がける。従業員は39名(平成29年1月現在)。平成28年7月には地方創生新潟1号投資事業有限責任組合などから、総額約4・2億円の資金調達を実施している。

 

(新潟拠点概要)

所在地/新潟市中央区天神丁目番地 新潟プラーカ3

雇用規模/初年度5名(予定)

操業開始/1月23日

 

(関連記事)

新潟ベンチャーキャピタル、地方創生新潟1号ファンドの投資先2社を決定(2017年1月11日)