除雪基地で除雪を体験した後に露天風呂につかる北越急行のイベント列車が人気

田んぼのない地域に暮らす人にとって、田植えや稲刈りは非日常。だからこそ、田植え体験や稲刈り体験という「体験観光」が成り立つ。雪掻き体験も同じで、雪国で暮らす新潟県民にとって、雪掻きは重労働に過ぎないが、積雪のない地域に暮らす人にとっては非日常の体験だ。

 

そんななか、雪国の人のとっても、ある意味非日常のイベント列車がちょっとした人気を集めているようだ。

ほくほく線(北越急行)では、除雪基地で除雪体験をした後に雪国を見渡す露天風呂で温まってもらうイベント列車「超低速スノータートルin雪国」の運行を2月26日に計画しているが、応募者が(抽選となる)50名を超えたという(同社HPより)。

 

なお、除雪体験や温泉の他に、超低速運転やトンネル体験もあり、雪国の鉄道ならではのレアな体験を楽しめるそうだ。また、参加者には、ほくほく線のヘルメットをプレゼントする。

 

「超低速スノータートル in 雪国」臨時列車(全席指定)

運行日/2 月26日(日)

行程/六日町駅発(9時40分頃)、まつだい駅で除雪体験・昼食・入浴・トンネル体験、六日町駅着(16時30分頃)

旅行代金/一人7000円(小学生以下3500円)※運賃・料金・昼食代含む(税込)

募集人員/50名(応募者多数の場合は抽選)

応募期間/1月26日(木)まで(26日必着) 

応募方法/FAX・メール、電話・窓口受付(平日9時~18時)

ダウンロード
イベント列車 チラシ&申込用紙
turtle170226.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 7.1 MB