ジーンクエストと新大・曽根教授が生活習慣病に関する共同研究

個人向け遺伝子解析事業を手がけるジーンクエスト(東京都品川区、高橋祥子代表取締役)は、新潟大学医学部・大学院医歯学総合研究科の曽根博仁教授(血液・内分泌・代謝内科学分野)と共同で、「生活習慣病の発症に関連する遺伝子の網羅的解析」を開始する。

 

研究では、ジーンクエストのデータベースを分析することで、生活習慣病の発症に関連する遺伝子多型の詳細な影響を解析していく。まだ解明されていない生活習慣病とその予防に関して新たな知見を得ることができると期待されるという。

 

ジーンクエストは、国内外の企業、研究者などと連携し、遺伝子解析キットなどを通じて蓄積されたゲノムデータを活用し、遺伝子多型と体質、疾患に関する幅広い研究に取り組んでいる。

 

研究活用に関して同意が得られたユーザーのデータを匿名化し、倫理審査委員会により情報の取扱い、提携先における利用目的等の承認を受けた上で、研究活用しているという。