ウォーキング型ナイトアトラクション が新潟に誕生

サントピアワールド()は4月21日、遊園地「サントピアワールド」内に、ウォーキング型ナイトアトラクション「オーロラフォレスト」を全国で初めてオープンする。本物の自然と、デジタルを融合させ、まるで絵本の中を探検するような体験ができるという。

 

ホログラム、プロジェクションマッピング、イルミネーションなど先端技術を使って、夜の山林を、妖精たちの住まう森「オーロラフォレスト」にする。そして20人ほどがツアー形式で、この演出された山林を散策する。

演出の担当は、映画、アニメ、音楽業界の様々なデジタルプロモーションを手がける()シーエスレポーターズ。

 

一方、芸術監督は、伊藤有壱氏(代表作:宇多田ヒカル「travelingMVアニメーションパート)

服部克久(代表作:「新世界紀行」のテーマ曲)、山下康介(代表作:NHK連続テレビ小説「瞳」)らの新作楽曲が夜の山林を彩るという。

 

キャラクターデザインはアウトドアユーザーに人気の「OUTDOOR MONSTER」を手がけるOUTDOOR DESIGN UNIT Lockが担当した。

そして、その声を、実力派声優の藤本たかひろ氏と、高戸靖広氏、さらには、声優とアイドルの活動を両立しハイブリッドユニット“iRis”のメンバーでもある芹澤優が担当する。

 

開催期間は、年中(冬季積雪の際は休業)、参加方法は、公式サイトで予約(完全予約制)

営業時間は午後5時から11時まで(月によって異なる)で、1回のアトラクション所要時間は60分程度。

 

公式サイト 

https://aurora-f.com/