亀田製菓、「JSH減塩食品アワード」金賞を受賞

亀田製菓株式会社(新潟市、佐藤勇代表取締役社長COO)が製造・販売する「減塩亀田の柿の種」が、特定非営利活動法人日本高血圧学会(減塩委員会)が主催する「第3回JSH減塩食品アワード」で金賞を受賞した。金賞の受賞は、菓子業界初。

 

日本高血圧学会減塩委員会は2013年に、高血圧患者や減塩をしようとしている人向けに、「食塩含有量の少ない食品」(JSH減塩食品リスト)の紹介を開始した。

その後、2015年から、リスト掲載製品を対象に、「減塩化の推進に優れた成果を挙げた製品」に対し、「JSH減塩食品アワード」を授与している。

 

 同社では、6月中旬にパッケージをリニューアルし、「JSH減塩食品アワード金賞受賞」の表記をパッケージに記載し、減塩商品の普及に努めていくという。 

 

(上写真) 第3回JSH減塩食品アワード金賞の楯

 授賞式にて楯を授与される佐藤社長COO(同社プレスリリースより)