新潟帝石ビルの建替えが決定

現在の新潟帝石ビルディング(報道資料より)

新潟帝石ビルが建替えられる。25日、国際石油開発帝石株式会社(以下、帝石)が発表した。

1961年に竣工された新潟帝石ビルは、新潟駅すぐ、東大通沿いの一等地にあり、賃貸オフィスとして使用されている。しかし築58年を過ぎ老朽化のため、建替えを決めた。

建替え後のビルの概要などは、現在検討中。帝石では、「新潟駅前に相応しいオフィスビルとして生まれ変わるよう計画の策定を進めてまいります。」と発表している。

一方、現在建設中のマルタケビルと帝石ビルの間にある旧・物産ビルは早ければ来週にも解体工事が始まる予定で、旧・物産と帝石ビルの一体開発に向けて準備組合がすでに発足しているという噂もある。

物産ビル1階の入居テナントは月内に退去する

【ビル概要】
物件名/新潟帝石ビルディング
所有者/インペックスビジネスサービス株式会社(帝石100%出資子会社)
所在地/新潟県新潟市中央区東大通1-3-1
構造・階数/鉄筋コンクリート造5階建て