笹川流れマラソン参加者大募集〜申し込みは21日まで【村上新聞】

浅井えり子さんがゲストランナーに

日本海の絶景を楽しみながら走ろう

村上市のNPOさんぽくスポーツ協会は1月26日、昨年の地震被害からの改修の完了し、全館使用可能となった山北総合体育館で「ランニング・クリニック」を開催した。

講師に招かれたのは、ソウルオリンピック女子マラソンで日本代表を務めた浅井えり子さん。時間を掛けてゆっくりと長い距離を走る“LSD(Long Slow Distance)”を実践し、理論普及を続けている浅井さんは、集まった約70人の参加者にていねいに指導。走るコツやLSDの魅了を紹介。締め括りには10人の参加者に“可能性は無限”と添えられた浅井さんによる色紙が贈られた。また、今春の「笹川流れマラソン」の10㌔部門にエントリー。ゲストランナーとして走ることが決まった。

元五輪代表が走るコツを伝授した

時間を掛けてゆっくりと長い距離を走ることの魅力を伝えた浅井さん

同大会は4月12日(日)に開催。種目は3㌔、5㌔、10㌔、ハーフマラソンで、国道345号の桑川橋をスタートし、寒川までの区間を距離に応じたポイントを折り返しとし、日本海の見えるコースを走り抜ける。ゴールは桑川ふれあいセンターグラウンド。

参加料は小・中学生1千円、高校生1500円、一般4千円(5㌔3千円)。申し込み期限は、郵便振替が7日(金)、直接申し込みが19日(水)、インターネット申し込みが21日(金)。所定の申込書に必要事項を記入し、参加料を添えてゆうちょ銀行・郵便局から申し込むか、各地区総合体育館などへ持参する。また、http://runnet.jp/からパソコンや携帯電話での申し込みも可能。問い合わせは、TEL0254(77)2828へ。

申し込みはこちら→笹川流れマラソン

村上新聞2020年2月2日号

村上新聞