新潟市秋葉区の女性から100万円騙し取る還付金詐欺、東京都在住の男性など3人を逮捕


秋葉警察署

秋葉警察署と組織犯罪対策課は4日、東京都青梅市在住の無職の男性(23歳)、住所不定無職の男性(26歳)、神奈川県横浜市在住の無職の女性(25歳)の3人を電子計算機使用詐欺・窃盗(払出盗)の疑いで逮捕した。

逮捕された3人は氏名不詳者と共謀し、2021年11月19日、新潟市秋葉区在住の60歳代の女性に対し、市役所職員などになりすまして介護保険料の還付金を受け取ることができるなどと虚偽の内容を教え、携帯電話で指示しながら、金融機関のATMで容疑者らが管理する預金口座に約100万円を振込送金させて財産上不法の利益を得た。

3人は同日中に送金された100万円を複数回に分けてATMから引き出した。

秋葉署によると、逮捕された3人は「私たち3人でしたことに間違いない」と容疑を認めている。詳しい経緯や余罪などは現在捜査中。

秋葉署は特殊詐欺に対して、「後からお金が戻ってくると言われたら、まず疑ってほしい。そして、知人、家族に相談してほしい。周りの人もATMに携帯電話で通話をしながら操作をしている人を見たら声をかけてあげてほしい。誰かに話すことで冷静になって、言われた内容のおかしさに気付くケースがある」と注意を呼び掛けた。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も