暑中見舞い

新潟県が居宅サービスを利用する高齢者へ対して、新型コロナ感染拡大防止のための早期受診とPCR検査を呼びかけ

  • 5か月前
  • 社会

発表する県の担当者

新潟県は24日、デイサービスなど居宅系サービスを利用する高齢者とへ対して、発熱などの症状がある場合には、早期の医療機関受診とPCR検査を受けることを要請した。また同時に、サービスの事業所へ対しても、利用者へ積極的な受診・検査を推奨するように協力を求めた。

県は、発熱だけでなく、咳や喉の痛み・違和感、鼻水などの風邪に似た症状のほか、息苦しさやだるさなど、普段とは異なる体調が現れた場合にも検査を受けるように呼びかけている。

これまでにも県では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、入所型高齢者施設などの利用者と職員へ対してPCR検査の活用を要請している。一方で、デイサービスなどの居宅系サービスにおいては、利用者に発熱などの症状があったにもかかわらず、早期の受診や検査につながらない事例が過去のクラスター発生時にも見られたことから、連鎖的に感染が拡大するリスクを低減させるためにも、今回の呼びかけに至ったという。

 

【関連記事】
新潟県長岡市と上越市で計11名の新型コロナウイルス感染症患者(2021年2月24日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も