「まちづくり・不動産開発・新店舗」カテゴリーの記事一覧

日生ホールディングスが新本社屋を建設中

  • 企業
  • まちづくり・不動産開発・新店舗

日生ホールディングス(新潟市中央区上近江4丁目2-19 内藤博代表取締役)は、現在の本社すぐそばに、新本社屋を建設する。鉄骨造2階建て。敷地面積は1539・38平方メートルで、...

カーブドッチが来年3月に都内に初出店

  • 企業
  • まちづくり・不動産開発・新店舗

店名は、「Värmeカーブドッチワイナリーを運営する欧州ぶどう栽培研究所(新潟市西蒲区)は来春、東京に初出店する。三井不動産が来年3月29日にグランドオープンする地上35階建ての複合...

朝日温海道路(朝日まほろばIC~県境IC)の起工式が開催

  • 行政
  • まちづくり・不動産開発・新店舗

関係者およそ100名が出席

高架化事業が進む新潟駅

  • 行政
  • まちづくり・不動産開発・新店舗

新潟駅周辺では現在、平成30年の高架駅第一期開業に向けて、鉄道の高架橋などの整備を進められている。新潟市のホームページによると、平成30年に、高架駅第一期開業、越後線高架化完成、...

一新された白壁通りと古町芸妓

  • 行政
  • まちづくり・不動産開発・新店舗
  • 観光
  • イベント・セミナー

旧斎藤家別邸や老舗料亭「行形亭」など伝統的建築物が並ぶ「白壁通り」がアスファルト舗装から、趣のある石畳に一新。26日に白壁通りを歩く古町芸妓の撮影会など完成記念イベントが行われ...

マルタケビルの解体工事

  • まちづくり・不動産開発・新店舗

新潟駅前のシンボルビル「マルタケビル」の解体工事が始まる。鹿島建設が解体工事を行い、来年1月に完了する予定だ。  同ビルは1964年の完成。地上9階、地下1階、延床面積9729平...

阿賀野川災害復旧助成事業竣工式

  • 企業
  • まちづくり・不動産開発・新店舗

平成23年7月に発生し記録的な大雨となった「新潟・福島豪雨」で被災した阿賀野川流域の県営河川工事(災害復旧助成事業・河川災害復旧等関連緊急事業)が完工となり、3月5日、東蒲原郡阿賀町...

上新バイパス寺IC周辺の今後

  • 行政
  • まちづくり・不動産開発・新店舗

上越市と妙高市を縦断する国道18号・上新バイパスの寺IC付近の開発が進んでいる。平成31年12月に県立武道館が供用開始となるほか、バイパスを挟んだ反対側には、武道館の供用開始を視野...

旧大和新潟店の解体工事が始まる

  • まちづくり・不動産開発・新店舗

新潟市中央区の旧大和新潟店一帯の再開発に向け、旧大和新潟店の解体工事が始まった。本間組(新潟市)と国際総合計画(同)による共同企業体(JV)が解体作業を進めており、現在、足場と...

上越妙高駅周辺の開発が本格化

  • まちづくり・不動産開発・新店舗

上越妙高駅周辺の開発が本格化している。今年1月19日付けの日本経済新聞によると、北信越地域資源研究所が昨年6月に西口に8棟のコンテナを並べて開業し、現在、居酒屋やラーメン店など...

3月に長岡北スマートICなどが開通

  • 行政
  • まちづくり・不動産開発・新店舗

長岡市とNEXCO東日本が整備を進めてきた「北陸自動車道 長岡北スマートIC(インターチェンジ)」と、県が整備を進めてきた「都市計画道路 槇山町亀貝線(稲葉立体交差)」が3月25日...