上越市で町家を再生する取り組みが活発化

上越市で、市内中心部にある町家を再生し、街中の賑わいにつなげていこうという取り組みが活発化している。

 

■シェアハウス大町(下写真)

この春、大町3丁目に、学生向けをシェアハウスが完成した。

 築105年の木造2階建ての町家を、「和モダン」な住宅にリノベーションしたもので、延床面積は194・5平方メートル。それまで塞がれていた吹き抜けを再現したほか、共用スペース、リビング、台所、浴室などがあり、2階は5つの個室になっている。

9月に5人の学生が入居する予定で、現在、市では入居者の募集を行うとともに、「見学会」や「宿泊体験」の予約を受け付けている。

なお家賃は、維持管理費を含め一人当たり2万2200円。

 

シェアハウス大町

http://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/kenjuu/sharehouse.html

 

 

■テラスカイ 上越サテライトオフィス(下写真)

IT関連企業のテラスカイ(東京都中央区、佐藤秀哉社長)は、本町6丁目の町家を改修して、上越サテライトオフィスを開設。今年4月から同社の製品開発部の社員が常駐し業務を開始している。

総務省のふるさとテレワーク推進事業の採択を受けて開設したことから、ICTを活用して時間や場所の制約を受けずに、自宅や、移動中の電車やカフェ、コワーキングスペースなど、好きな場所で好きな時間に仕事をする「テレワーク」という勤務形態にも注目が集まった。

一方、7月19日には、このオフィスで、上越市と共同で、『子ども向けプログラミング教室』を開催した。

なお同社は2006年に妙高市出身の佐藤社長が設立した会社で、昨年4月には東証マザーズに上場している。 

 

町家Cafe Re:イエ

今年1月、東本町1丁目に、町屋をリノベーションしてオープンしたカフェ「町家Cafe Re:イエ」がオープンした。

 

■高田小町(下写真)

 最近のオープンではないが、明治時代に建築された本町6丁目の町家「旧小妻屋」を改装した交流施設「町家交流館 高田小町」は、 集会、イベント、文化活動などで利用ができるほか、高田の町家の特徴である吹抜けや土蔵を見学できる。