角川ドワンゴ学園「N高校」が9月に新潟で「体験入学@ニコニコ町会議」

 学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」は、()ドワンゴが開催するイベント「ニコニコ町会議 全国ツアー2017」の中で、N高のネット授業やネット部活を体験できる「N高体験入学@ニコニコ町会議2017」を実施する。

 

ニコニコ町会議は、ニコニコユーザー向けに開催されている超巨大イベント「ニコニコ超会議」の「町」版で、ネットを活用した地域活性化を目的に、日本各地の夏祭りと連携して開催されている。

今年は、8月12日の青森・南部まつりを皮切りに、10月下旬までに全国7カ所のまつりと連携して開催され、新潟では9月2日に新潟市で開催される「わらアートまつり」と連携して開催される。

 

N高は、2016年4月に開校した“ネットの高校”。生徒は全国各地に4026名(7月時点)いて、「IT×グローバル社会を生き抜く“創造力”を身につけ、世界で活躍する人材を育成する」という理念のもと、今のネット社会に対応した新しい教育を実践している。

授業やレポート提出はネットで行い、時間を問わず自身のペースで授業を受けられるのが特徴だ。

 

また、カリキュラムも特徴的。高校卒業資格のための必修授業に加え、多種多様なネットでの課外授業(大学受験、プログラミング、ライトノベル、ゲーム、ファッション、美容など)や、全国各地での職業体験により、社会で役立つスキルや経験を高校時代に身につけられるという。

 

ちなみに、ネットコースだけでなく、通学コース(現在国内3カ所、来春より6カ所)も選択できる。

 

そのN高校では、ニコニコ町会議に、ブースを出し、「N高体験入学@ニコニコ町会議」を開催している。

日本各地にいるN高生がリアルに交流する“オフ会”の場であると同時に、N高に興味のある各地の中高生のための“オープンキャンパス”の場でもあるという。

具体的には、N高生が使うオンライン学習アプリ「N予備校」での授業体験や、N高の年間活動のパネル展示などを通して、N高のことをより深く知ることができる場となっている。

 

また、N高の特徴でもある「ネット部活」の体験入部として、クイズ研究会で、部員と早押しクイズの練習などを行うほか、将棋部ではオンライン将棋ソフトを通じて部員との対局などを行うそうだ。

 

このほか、N高の活動を紹介するパネル展示コーナーや、その他のプログラムも企画中という。

 

N高公式サイト

https://nnn.ed.jp/ 

 

上写真は、ニコニコ町会議2016の様子

N高のブースの様子(昨年)