新潟の逸品(食品)

(※このページは2019年8月18日に更新されました)

「新潟には、米、酒、笹団子以外にどんなおいしいものがあるのか知りたい」「新潟の旨いものを食べたい」「贈って喜ばれる新潟の旨いものを知りたい」

このコーナーでは、そんな方に向けて書いています。

こんにちは、にいがた経済新聞編集部です。この編集部には、新潟県で生まれて、新潟県で育った編集部員がほとんどです。

新潟のいいところは、大自然があり、水や空気がきれいなところです。この水や空気は、魚沼産コシヒカリをはじめとする新潟県産米や、新潟清酒の美味しさのもとになっています。

さらに、米や新潟清酒以外にも、いろいろな逸品があることをご存じでしょうか?

このコーナーでは、にいがた経済新聞編集部が、これまでに取材してきた新潟の逸品についての過去の記事を紹介します。

■目次

1.食品

菓子

1、やまの辺(新発田市)「季節の和菓子」、笹川餅屋(新潟市)の「豆大福」、菓房処 京家(加茂市)の「かりんとう饅頭 鬼の金棒」(2019年7月24日)

2、魚国(新発田市)の「から寿し」、東海林商店(村上市)の「小鯛のから寿し」、魚太寿し(胎内市)の「胡桃いなり」(2019年7月31日)

3、大橋食品製造所(新潟市)の「手づくり まめてん」、内山藤三郎商店(新潟市秋葉区)の「豆天」、新潟森林農園(新潟市)の「手づくり まめてん」(2019年8月11日)

新潟清酒

1、高橋酒造の、着ぐるみYouTuber「はくしょん大魔王」日本酒(2019年3月12日)

2、市島酒造(新潟県新発田市)のソーダ割を楽しめる大吟醸原酒(2019年5月30日)

3、認知症にならないことを祈願する純米吟醸酒「呆封酒」(2019年6月1日)

飲料

1、八海醸造(南魚沼市)の甘酒「麹だけでつくったあまさけ」、吉乃川(長岡市)の甘酒「朝麹」、峰村醸造(新潟市)の甘酒「梅あまざけ」(2019年8月6日)

発酵食品

1、栁醸造の「クリームチーズのみそ漬」(2019年4月17日)

ほか

1、「柿の種」、「サラダホープ」、「浮き星」、「たなべのかりん糖」、「瑞花」、「かんずり」、「みかづき イタリアン」、「栃尾の油揚げ」、「笹団子」(2019年3月28日)

2、新潟のプレミアム米「新之助」 関連商品(2019年8月9日)

農作物

1、糸魚川市の「越の丸なす」(2018年10月23日)

2、新潟市西区の「くろさき茶豆」(2019年8月18日)

 

2.食関連のニュース

もうすぐ食を満喫できる正月。食品といえば新潟と日本では一大産業(2018年12月22日)

新潟県妙高市でかんずりの「雪さらし」(2019年1月20日)

米のピューレを使って米の消費拡大に取り組む(一社)こめへん(2019年5月4日)

「新潟の発酵食研究会」の設立総会が開催される(2019年5月30日)

合言葉は「新潟をカレー県に!」 続々と新たな展開を見せる新潟のカレー事情(2019年8月16日)