【県は喫食中止を呼びかけ】小林製薬の「紅麹」、新潟県内でも2人から健康被害の疑いで相談

  • 3週間前
  • 社会

新潟県庁

新潟県福祉保健部によると、3月27日と28日、県内在住の2人から保健所へ、回収命令の対象となっている小林製薬株式会社の「紅麹コレステヘルプ」との関連が疑われる健康被害の相談が寄せられた。なお、2人はいずれも入院はしていない。

現在、同製品と健康被害との関連性は明らかになっていないが、県では回収対象となっている「紅麹コレステヘルプ」、「ナイシヘルプ+コレステロール」、「ナットウキナーゼさらさら粒 GOLD」について、「直ちに喫食を中止し、身体に異常がある場合は、医療機関を受診するか最寄りの保健所にご相談ください」と呼びかけている。

小林製薬の製品を巡っては、22日に同社が「紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ」に関する報道発表を行い、自主回収を行っていた製品は、27日に大阪市から食品衛生法第59条に基づく回収が命じられている。

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓