【TSUBASAアライアンスの深化】第四北越フィナンシャルグループ(新潟市中央区)が3か年の「第三次中期経営計画」をスタート

第四北越銀行

株式会社第四北越フィナンシャルグループ(新潟市中央区)はこのほど2026 年度を最終年度とする3か年の「第三次中期経営計画」を策定し、4月1日からスタートした。

計画期間は2024年4月~2027年3月の3年間で、基本戦略はグループ総合力の発揮、生産性向上の追求、人的資本価値の向上、リスクマネジメントの深化の大きく4つ。全戦略共通のテーマは、TSUBASAアライアンス(2015年に発足した地方銀行広域連携の枠組み)の深化とした。

経営指標目標(2026年度目標)は以下の通り。

連結当期純利益(親会社株主に帰属する当期純利益) 270 億円、連結OHR 61%台、連結ROE 5%以上、連結自己資本比率10%以上。CO2排出量削減率(2013 年度比)62%台、 サステナブルファイナンス実行額(2021 年度以降の累計) 1兆1,000 億円。

創業・事業承継支援件数3,000件、DX・生産性向上支援件数95 件、経営指標等が改善した取引先割合75%以上、経営改善計画策定支援件数440件、デジタル顧客数80万先、グループ預かり資産残高1兆6,900 億円、販路開拓支援先数(2019年10月以降の累計)930先、人材ソリューション支援件数(ガバナンス)240件。女性管理職比率27%以上、グループ総取引先数6万9000先。

また、株主還元方針については、金融グループの公共性に鑑み、将来にわたって株主各位に報いていくために、収益基盤の強化に向けた内部留保の充実を考慮しつつ、安定的な株主還元を継続することを基本方針とする。具体的には、配当金と自己株式取得合計の株主還元率 40%をめどする。

そのため、当期純利益の増強を基本としてROE向上に取り組んでいく方針であり、早期に5%以上を達成のうえ、さらに高い水準を目指すとしている。

b-method

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓