大型クルーズ客船「コスタ・ビクトリア」が22日、新潟東港に寄港

コスト・ビクトリアは全長252・9メートル、全幅32・2メートル。総トン数は7万5166トンで、乗客定員は2394人)

 

7万トンクラスの大型クルーズ客船「コスタ・ビクトリア」(船籍イタリア)が22日、新潟東港に寄港した。県内に入港する客船では、これまでで最大。

 

また新潟東港(木材埠頭)では、今年3月まで大型クルーズ船受け入れのため防舷材など工事を行なって14万トンクラスの客船を受け入れられるようになったが、クルーズ客船がその東港へ寄港するのは、今回が初という。

 

今回、およそ1900人の外国人客(ほぼ韓国人)と700人の乗組員を乗せ、韓国を出発し、ウラジオストク、室蘭、青森を経由し、新潟を訪れた。そして午後3時過ぎに新潟東港を離岸、金沢を経由し、韓国・釜山港へ帰港するという。

 

乗客は、短い新潟滞在の期間だが、希望者は3コースに分かれ観光バスで

・新潟ふるさと村~北方文化博物館~酒蔵

・イオンモール新潟南~岩室温泉

・北方文化博物館~酒蔵

といった観光コースを楽しむという(この記事をアップしたその瞬間、まさに満喫中のことだろう)。

 

なお、着岸後には、歓迎式典が行われた。

 

コスタ・ビクトリア