【キシャメシ】いま一番美味しいカレーパンはどれだ? カレーパングランプリ本選出場、ウオロクのカレーパン

この日、記事を執筆しながらSNSをチェックしていたら「カレーパングランプリ」の本選投票が行われていることを知った。カレーパングランプリとは「いま1番美味しいカレーパンはどれだ?」を合言葉に、日本カレーパン協会が2016年より開催している美味しいカレーパン決定戦。

過去、13日連続ランチでカレーを食べ続けたことがあるカレーが大好きな記者は、当然心が躍った。

そもそも新潟県はカレールー消費量全国1位。バスセンターのカレーや、ご当地ラーメンのカレーラーメンも全国メディアで度々紹介されており、新潟県民みんなカレーが好きなのである。

ごはん、麺、とくれば、パンであっても当然うまい。

2021年のグランプリでは、東日本揚げカレーパン部門金賞に輝いた10店舗のうち、3店舗が新潟のパン屋さんだった。ちなみに昨年2022年は長岡にあるブルックリンが選ばれ、2年連続金賞を獲得している。

そして今年は、揚げパン部門ではウオロクの「牛肉ごろごろ!濃旨カレーパン」、ドルチェ・ヴィータ(長岡市)の「ショウガチキンカレーパン」、焼きカレーパン部門ではしあわせパン工房パン・ド・ネイヴル(見附市)の「焼き!黒マサラチーズチキンカレーパン」がエントリー。

気分はすっかりカレーパン一択!!

今から長岡や見附に行くことはできないが、ウオロクならば行ける!

ウオロクは下越・中越を中心に展開しているご当地スーパー。お魚やお寿司、総菜が美味しいんだよな。きりのいいところで執筆を終わらせ、さっそくウオロクへ。

まだ少しお昼の時間には早かったのだが、棚にカレーパンの姿がない。やはり人気ですでに売り切れなのか?

諦めきれずに店員さんに聞くと「すぐにお包みしますよ」と、揚げたてをGETすることができた。

温かいうちにさっそく実食。

カレー協会によると、カレーパンを食べる時は素手で持って食べるのだとか。手で感じる油の状態などもとても大切なカレーパンの特徴……らしい(笑)

というワケで、手でいただきます。

ザクザクカリカリの表面生地。噛むと口の中で音が聞こえる。この食感、間違いなくクセになる。

揚げ油を摂取している背徳感もまた、カレーパンの魅力の一つと記者は思う。

ルーはスパイスが程よく効いているが、辛さは控えめ。

ただ、忖度なしにいうと、「牛肉ごろごろ」とうたっているわりには「ごろごろ」感は少ないように思えたが、カレーパンとしては間違いなくうまい。

他のお店のカレーパンも気になるところ。

久々に過去2年連続で金賞を獲得しているメリーズ(新潟市北区)のカレーパンも食べたくなってきた(笑)。グランプリの結果は7月15日。

 

(編集部・O)

 

【キシャメシ】は、にいがた経済新聞編集部のメンバーが、日々の取材活動の合間にいただく昼ご飯を日替わりで、真正面から他意を入れず、何モノにもとらわれず、お仕着せのグルメリポートに背を向け綴った、キシャの日常モノローグ。さて明日の担当キシャはどこで何を食べるのか、お楽しみに。

 

【前回のキシャメシ】
三条市民が母の手料理より親しんだ味。大福もちが丸ごと一個入った「たらだやの大福パン」(新潟県三条市) (2024年5月23日)

 

【関連リンク】
カレーパングランプリ

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓