アルビレックス新潟ホーム開幕戦

明治安田生命J1リーグ第3節が11日に行われ、アルビレックス新潟は今期のホーム開幕戦をデンカビックスワンスタジアムで戦った。

 

 試合に先立ち、オフィシャル今期のユニフォームスポンサーの一社である、JA全農にいがたから、激励の新潟米贈呈式、2016年のJリーグベストピッチ賞の表彰式が行われた。

 

また、米山隆一県知事やオフィシャルスポンサーのコメリ・捧雄一郎社長、亀田製菓・田中通泰会長ら来賓が紹介された。米山知事は挨拶の中で詰め掛けたサポーター陣に「今シーズンもスタンドから熱く盛り上げていきましょう」と呼びかけた。

 

 1敗1分けで迎えたホーム開幕戦の相手は、今期J2から再昇格した清水エスパルス。前節はサンフレッチェ広島を下して波に乗る。昨季は新潟で活躍した野津田岳人(広島からレンタル)がプレーするチームでもある。

 

 前半は一進一退の攻防。互いにゴールを脅かす場面もあったが、決定機は少なく両チームの守備の堅実さが目立った内容だった。新潟は堅い守備からカウンターを狙ってFWホニを走らせる作戦だったが、ゴールを割るまでには至らなかった。

 

 後半立ち上がり、中盤で新潟のパスがつながり始めペースをつかんだかに見えた。しかし一瞬のスキを突かれてサイドを破られ、最後は相手FWチョン・テセにヘディングで決められた。さらに終了間際にも、前がかりになったところで逆襲され2点目を失い、残念な敗戦となった。

 

 この日の観客数は3万1040人。久しぶりの3万超えだったが、残念ながら今期初勝利はならなかった。

ユニフォームスポンサーのJA全農にいがたから新潟米が贈呈された

試合前のセレモニーで米山隆一県知事やオフィシャルスポンサーの面々が紹介された

この日の観客数は久々の3万超え