新潟県長岡市へイタリアン・レストラン「ノラ・クチーナ」が新規出店、中越地域へは初進出


ノラ・クチーナ長岡店へ改装中の旧・おとぎ珈琲店長岡インター店

イタリアン・レストラン「ノラ・クチーナ」(有限会社山田 新潟市北区)は、同社にとって中越地域初進出となる「長岡店」を8月21日にオープンする。

「ノラ・クチーナ」は県産食材や、各店舗の立地する地場の食材にこだわったイタリアン・レストランで、現在は「豊栄本店」(新潟市北区)と「新潟鐙店」(新潟市中央区)の2店舗を展開。また、同じイタリアン業態の店舗として新発田市のレストラン「ハラクチェ」も営業している。

新店舗「長岡店」は、国道8号と信濃川の間を走る左岸バイパス沿い、「アクロスプラザ長岡七日町」内への出店。長岡駅近辺など中心市街地ではなく、郊外へ進出となったことには、新型コロナウイルス感染拡大の影響で加速する「食住接近」の顧客傾向がある。

また、同エリアには若い家族層が多く、再開発により急速に商業地として発展していることから今後の市場への期待も高い。また人口規模に対するイタリアン・レストラン数が少ないことから、特に周辺や市内の主婦層へと訴求していくことも狙いだ。

新店舗では、地元農業法人との連携による朝採り野菜を生かした料理の提供や、長岡市寺泊から海鮮を仕入れるなど「山肴野蔌(さんこうやそく) 長岡イタリアン」をテーマに打ち出しており、下越を中心に展開していた既存店舗とは一風異なる素材や料理に期待できる。

また、グループ店のソムリエが厳選したワインを貯蔵するワインセラーや、地元産の肉を管理するための冷蔵庫を備え、ワインのグラス売りや、提供される肉料理のグラム指定なども可能になる予定であるという。

 

【関連リンク】
ノラ・クチーナ 豊栄本店 webサイト

 

【グーグルマップ ノラ・クチーナ長岡店】



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も