新潟県上越地域で5日正午に地盤沈下警報を解除

注意報に切り替え

新潟県上越地域振興局は5日正午、先月13日以降発令してきた地盤沈下警報を解除し地盤沈下注意報に切り替えた。観測井の地下水位が警報解除基準に達したことから切り替えた。

観測結果(3月5日 午前10時現在)は、高田G2観測井(上越市栄町)で地下水位低下量4・66 m、地層収縮量2・05cm。高田公園観測井(上越市本城町)で地下水位低下量4・83 m、地層収縮量1・65cmとなっている。

高田G2観測井では6m未満になったとき、高田公園観測井では5m未満なったときに、気象状況を考慮して警報を解除する。

同局では消雪用井戸の設置者に注意報の切り替えを周知するとともに、節水対策の継続を要請する。また、その他の井戸設置者および一般市民に注意報の切り替えを周知し、節水対策の継続を呼びかける。

2月13日の記事
https://www.niikei.jp/11941/