新潟県佐渡市の小学校で児童がパンを喉に詰まらせ救急搬送される事故が発生


新潟県佐渡市教育委員会は、7日に市内の小学校で5年生の児童1人がパンを喉に詰まらせる事故が発生したと発表した。児童は現在新潟市内の病院へ搬送されており、8日14時現在も意識が戻っていない。

該当児童は7日、給食時に出されたパンを一気に急いで食べようとして、喉に詰まらせたという。児童は佐渡市内の病院で救急処置を行ったあと、ヘリコプターで新潟市内の病院へ搬送された。現在、心拍と脈拍はあるものの、意識が戻らない状態がつづいているという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も