暑中見舞い

「自転車事故で新潟市内の病院に入院中の中学校男子生徒、回復に向かっている」、新潟県佐渡市教育委員会が発表


新潟県佐渡市教育委員会は14日、12日夕方に発生した自転車事故で新潟市内の病院に緊急搬送された佐渡市内の中学校男子生徒について、「食事を摂れていて少しずつ回復に向かっている」と発表した。

生徒は12日18時頃、自転車で下校中、坂道で転倒し頭部を強打した。男子生徒は佐渡総合病院に搬送された後、ヘリコプターで12日21時過ぎに新潟市内の病院に搬送された。同教育委員会の13日付の発表によると、「会話はできる状態ではあるが、時折意識がはっきりしなくなることがあった」という。

事故原因についてはバランスを崩して転倒したと思われ、他の人との接触はなかったとみられる。

新発田靖教育長は、「男子生徒の一日も早い回復を願っております。再発防止に向けて、各学校にあらためて、登下校における交通安全について指導することを指示しました」とのコメントを発表した。

【関連記事】
新潟県佐渡市の中学校男子生徒が頭部を強打し、ヘリコプターで新潟市内の病院に搬送(2021年7月14日)
https://www.niikei.jp/140703/



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も