新潟県長岡市、柏崎市、三条市などで新たに13名の新型コロナウイルス感染症患者

  • 2か月前
  • 社会

感染症対策・薬務課の星名秋彦課長

新潟県は14日、長岡市、柏崎市、三条市などで新たに13名の新型コロナウイルス感染症患者が発生したと発表した。このうち11名は同じ高校のクラスで、県内3498例目の接触者となる。これで、この固まり(=中越高校)の感染者数は15名(うち生徒は12名で同じクラス)となった。

この11名以外では、1名が県内3486例目の接触者、1名が現時点で感染経路不明。また13名とも軽症または無症状。直近2週間以内での県外往来歴はない。

県内3510(長岡市の男性)、3511(長岡市の女性)、3512(長岡市の男性)、3513(長岡市の男性)、3514(長岡市の男性)、3515(柏崎市の女性)、3516(十日町市の男性)、3517(三条保健所管内の男性)、3518(長岡市の男性)、3519(長岡市の男性)、3520例目(長岡市の男性)が高校の生徒。なお、現在、学校は休校中で、これまでに約90名の生徒が検査を受けているという。

県内3522例目は三条市の50歳代男性(会社員)。12日に県内3486例目の接触者としてPCR検査を実施した。

県内3527例目は村上市の30歳代男性(福祉施設職員)。13日に発熱のため医療機関を受診しPCR検査を実施した。なお、これまでに感染者が出ている福祉施設ではないという。

一方、7月7日から13日のL452R変異株(デルタ株)の陽性者は5名で、これまでの累計で6名となった。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も