ジャガー・ランドローバー新潟

新潟県が台風8号に関する情報連絡室会議を開催、新潟県付近を通過する可能性も

  • 2か月前
  • 社会

台風8号に関する情報連絡室会議

新潟県は26日午後、台風8号に関する情報連絡室会議を開催し、新潟県付近を通過する可能性のある台風8号の進路予報などを情報共有した。

会議には、危機対策課、広報広聴課、農業総務課、治山課、道路管理課、県警警備第二課などの関係する課のほか、新潟地方気象台、電気の送電を行っている東北電力ネットワーク株式会社が出席した。

会議によると、台風8号は日本の東側にあり時速35キロメートルで北西に進行しているという。中心気圧は992ヘクトパスカルで最大瞬間風速は30キロメートル/秒。27日に関東甲信地方から東北地方に接近し上陸する見込みで、新潟に最接近するのは27日午後から28日午前にかけて。また予報円の南側を通った場合は新潟県付近を通過する可能性があるという。

新潟県内の降雨予想については、26日夕方過ぎから27日午前にかけて、上中下越では70ミリメートル、佐渡では30ミリメートルとなっている(いずれも多いところ)。また上中下越では昼前、佐渡では昼過ぎから1時間30ミリメートルの激しい雨になる可能性もある。

風は27日夕方から28日にかけて下越海上と佐渡海上で15メートル/秒、下越沿岸部・佐渡で13メートル/秒。波は佐渡で27日昼前から28日にかけて、上中下越で27日夕方から28日にかけて、それぞれ2.5メートルと予想されている。

一方、東北電力ネットワークは、台風が接近すると暴風の影響で木が倒れ、それにより配電線が断線するなど停電が発生するおそれがあるという。このため、切れて垂れ下がった電線による感電事故防止のため、切れた電線には絶対に触れないよう呼びかけている。また切れた電線を見た際は、同社コールセンター(0120ー175ー366)まで連絡してほしいという。

なお最新の停電情報は以下から確認できる。

停電情報 https://nw.tohoku-epco.co.jp/teideninfo/

停電情報アプリ https://nw.tohoku-epco.co.jp/app/

新潟県の資料より



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も