新潟県三条市の「三条信用金庫栄支店」が完成し今月27日にオープン

5月27、28日には開店記念イベント

既存建物の老朽化にともない新築工事を進めていた三条信用金庫栄支店(三条市福島新田丁)が完成し、8日に新店舗で竣工式が行われた。

今月27日に開店を迎える新店舗は、現店舗から徒歩5分程度の国道8号線に向かう東西線沿いに位置する。敷地面積813・99平方メートル、延べ床面積391・59平方メートル、鉄骨造2階建。スロープや点字ブロックを設置したバリアフリー設計となっている。また、大きな窓からは明るい光が差し込み、入り口を大きく天井を高くすることで、開放感のある親しみやすい建物となっている。

現店舗で課題となっていた駐車場は、6台から12台に増やし利便性を向上。そのほか、ローカウンターの窓口を3つにすることで、相談しやすい環境を整えた。栄支店の牛田寿支店長は「どなたでも気軽に入れる身近な支店にしていきたい」と話していた。

5月27、28日には、新店舗で開店記念イベントが行われる。来場者全員に「たまご6個」か「花の小鉢」がプレゼントされるほか、季節の果物がもらえる福引大会に参加できる。

なお24日までは現店舗で営業を行い、25、26日は引っ越しのため、終日ATMの利用が停止となる。

竣工式の様子

三条信用金庫の西潟精一理事長(右)から、施工業社を代表して清水建設株式会社北陸支店の齊藤武史支店長(左)に感謝状が手渡された。

三条信用金庫栄支店。新住所は、三条市福島新田丁1022番地1になる。