ジャガー・ランドローバー新潟

東北電力ネットワーク(株)が送電ルート「上越火力線」の工事状況を公開


東北電力ネットワーク株式会社(仙台市)は3日、東北電力株式会社(同)が来年12月に運転開始予定の東北電力上越火力発電所(新潟県上越市)の新設工事に伴うアクセス送電線として工事を進めている送電ルート「上越火力線」(同発電所〜東上越変電所、長さ約9キロメートル)の工事状況を公開した。

上越火力線の送電線工事は2019年10月の着工以来、鉄塔の組み立てや鉄塔間に送電線を張る工事、地中にケーブルを敷く工事などを順次実施しており、今年7月31日現在の工事進捗状況は84.7%。2021年11月の完成を予定している。

この日は、上越市内にある鉄塔で、作業員が鉄塔上部に登り、手作業で電線を接続する作業を進めていた。東北電力ネットワーク送変電建設センター上越工事所の後藤篤志所長は「上越火力線の工事は非常に順調に進んでいる。11月までには間違いなく完成できると確信している」と話した。

また、工事の安全対策については、「施工会社には安全対策の基本ルールの徹底をお願いしている。新型コロナウイルス対策については、遠方から来ている業者には宿舎のほうでも飲み会をやらないなど徹底している。結果、これまで陽性者はゼロだ」と話した。

鉄塔での作業の様子

鉄塔の下の様子

東北電力ネットワーク株式会社送変電建設センター上越工事所の後藤篤志所長



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も