ヴー・ホン・ナム駐日ベトナム大使が花角知事を表敬訪問

新潟とベトナムの交流拡大について意見交換

22日、昨年10月に駐日ベトナム共和国大使館の特命全権大使に着任したヴー・ホン・ナム大使が来県し、新潟県の花角知事を表敬訪問した。新潟とベトナムの交流拡大、活性化についての意見交換が行われた。

知事は昨年10月にベトナムを訪問。ズン副首相らとの話から、双方の交流拡大に向け、ベトナムに新潟デスクの設置準備を進めている。新潟の企業がベトナムに進出、あるいはベトナムの企業が新潟の企業と貿易やビジネスをする際に結びつけの役割を担い、経済交流が活発になることが期待される。また7月には、ベトナム大使館、経済関係者等が新潟へ産業視察に訪れる予定となっている。ベトナム大使は、「大使館としても、企業パートナーの紹介や、ベトナム進出への課題解決のサポートをしていく」と話した。

このほか、人の交流も活発化したいという。今年5月にはベトナムの航空会社が新潟間でチャーター便を運行。今後も計画的な運行がある。「ベトナムではめずらしい新潟の冬の雪を楽しんでもらいたい」(知事)。「1年中暖かい地域の綺麗なビーチリゾートなど、新潟の人たちに向けてベトナムの魅力発信に力を入れていく」(大使)。ほかに、毎年東京の代々木公園などで開催されている「ベトナムフェスティバルを新潟でも」と大使からの誘いに、花角知事は「(ベトナムの国花)蓮が新潟で咲く頃にぜひ開催したい」と意欲を見せた。

(左)ヴー・ホン・ナム駐日ベトナム大使 (右)新潟県の花角知事