新潟県柏崎市の日帰り温泉「楽寿の湯」にタオルで作った「てるてる坊主」

素材は忘れ物タオル

高柳じょんのび村「楽寿の湯」(新潟県柏崎市)では、梅雨の間も入館者の気持ちが晴れやかになることを記念し、館内に忘れ物タオルで作られたユニークな「てるてる坊主たち」を飾り付けている。

入館者の忘れ物で最も多いものの一つがタオル。できるだけ多くの人にタオルと再会を果たしてもらい、無事に家に持ち帰ってほしいという。飾り付けは6月30日まで。

高柳じょんのび村には、日帰りの天然温泉施設である「楽寿の湯」のほかに、宿泊施設、1棟ごと独立した自炊型の貸別荘などがある。

じょんのび村サイト
http://www.jon-nobi.com/

柏崎市サイト
https://www.city.kashiwazaki.lg.jp/sightseeing/kanko/asobu/onsen/1503221026.html

じょんのび村プレスリリースより