新潟県スポーツ協会が今年度のオリンピックアスリート活動支援の対象選手を指定

オリンピックなど世界で活躍できる選手の育成と強化を図る

写真はイメージです

(公財)新潟県スポーツ協会では新潟県から委託を受け、オリンピックなど世界で活躍できる選手の育成と強化を図る「オリンピックアスリート夢チャレンジ事業等」を行うが、11日、今年度の対象となる選手を発表した。

新潟県に活動拠点を置く人、県外大学などに在籍する新潟県出身者、新潟県出身のリオデジャネイロオリンピックまたは平昌オリンピック出場者、新潟県出身で東京オリンピック日本代表選手に選出された人のいずれかに該当する人を、A~Dの区分ごとに指定した。

(A)
・リオデジャネイロオリンピックに日本代表であった人
・平昌オリンピック日本代表選手であった人
・世界選手権大会(2017年から2019年)に日本代表として出場する人
・東京オリンピック日本代表に選出された人

(B)
・中央競技団体等から日本代表(年代別代表を含む)として指定を受け、地域を限定しない国際大会において8位以内に入賞している人または地域を限定する国際大会において4位以内に入賞している人
・世界選手権大会(2017年から2019年)に年代別の日本代表として選出されている人
・JOCアスリートプログラム強化指定を受けている人
・国内ランキング(オリンピック種目)において4位以内である人(夏季競技)
・全日本強化指定選手(冬季競技)

(C)
・中央競技団体等から日本代表(年代別代表を含む)として指定を受けている人
・全国大会において4位以内に入賞している人

(D)
・競技団体が推薦する人(上記以外)

今後、A、Bの指定選手について強化練習・合宿にかかる費用を支援していく。

選手名は新潟県スポーツ協会の発表資料で見ることができる。
https://www.niigata-sports.or.jp/cms/document/disp/908