「新潟市働く女性のネットワークづくり交流会」が来月開催

ネットワークづくりとともに自身の働き方を考える

開催日は10月27日

新潟市は10月27日に、市内の中小企業で働く女性を対象に、「新潟市働く女性のネットワークづくり交流会」を開催する。市では先日、損保ジャパン日本興亜と「地方創生に関する包括連携協定」を締結したが、その一環で行う。

昨年4月に「女性活躍推進法」が施行され、働く女性を取り巻く状況は日々変化しているなか、「ロールモデル(目指したい先輩)の存在」を、女性の就労に必要な事柄として挙げる女性は、20代後半から30代にかけて多い。特に結婚や出産などのライフイベントと重なる時期には迷いや不安を抱えている人が多いそうだ。

こうしたなか、交流会では、社外ネットワークづくりとともに、自身の働き方やキャリアを考えてもらおうと開催するもの。

初回の今年度は2回開催予定。第1回目は10月27日(金)午後6時半から8時半まで、新潟日報メディアシップで開催する。

東洋経済オンラインの人気連載「堂薗姐さんに聞け!キャリア女の人生講座」で、働く女性からの相談に答えている堂薗稚子さんが講演を行うほか、参加者からの相談にその場で答える。

日時/10月27日(金)

会場/ 新潟日報メディアシップ20階 そらの広場

参加費/ 無料

定員/100人(先着)

内容/

  • 講演「いま、なぜ女性活躍推進か」

講師:損保ジャパン日本興亜

  • 講演「明日から、仕事が少し楽しみになる!~女性が長く働き続けるために~」

講師:堂薗稚子さん(ACT3代表取締役)

  • 堂薗さんとのト-クセッション

進行:金子純さん(第一印刷所 女子企画チームd’onnaサブリーダー)

申込みは、10月13日までに、新潟市ホームページ「かんたん申し込み」から