新潟県長岡市のFARM8が、東京で酒粕を使ったテイクアウトメニューを提供

7月1日から東京・赤坂の「dashi+(だしぷらす)」で提供

株式会社FARM8(長岡市)は7月1日、東京・赤坂の「dashi+(だしぷらす)」で、新潟生まれの酒粕専門発酵カフェスタンド「Hacco to go!」ブランドメニューの提供を開始する。

乳酸菌発酵させた新潟の酒粕をふんだんに使ったテイクアウトメニュー。酒粕をもとに完全植物性でできたW発酵シェイク「Hacco シェイク」(500円~)、酒粕をもとに完全植物性でできたW発酵ジェラート「ジェラート(420円~)のほか、酒粕入りの焼き菓子やケーキ(320円~)など多数取り扱う。

Hacco to go! は、FARM8が、90近くの酒蔵がある新潟において、酒粕を有効活用しようと立ち上げたプロジェクト。現代人のライフスタイルにあった形に変えて酒粕を提供することで、酒粕だけでなく、日本酒、米、発酵について多くの人に知ってもらいたいと、商品開発・メニュー開発などに取り組んでいる。

【dashi+(だしぷらす)】
住所/東京都港区赤坂5-3-1 赤坂BizタワーSHOP&dining B1

Haccoシェイク

Hacco ジェラート