「燕三条 工場の祭典」のラッピング電車がお目見え

来月8日にはアートプラレール「伝統工芸×プラレール」も登場

写真はJR弥彦駅にて撮影

JR東日本新潟支社は21日、10月に開催されるイベント「燕三条 工場の祭典」のイメージポスターをラッピングした電車の運行を始めた。越後線や弥彦線で運転している「E127系車両」の12カ所にラッピングを施した。10月10日ごろまで運行する。

また9月23日から10月8日まで、現美新幹線車内カフェで、ホットコーヒーなどを購入した人に、「燕三条 工場の祭典」コラボ特別スリープを提供する。

さらに、10月8日に開催される「県央まつり」に合わせ、JR燕三条駅に展示される現美新幹線内に、普段見ることができないタカラトミー制作のアートプラレール「伝統工芸×プラレール」(江戸切り子のプラレールなど)を展示する(12時半~14時)。

燕三条 工場の祭典は、燕三条地域の名だたる工場を一斉に開放し、来場者に、ものづくりを体感してもらうイベント。10月5日から8日まで開催される。

燕三条 工場の祭典オフィシャルサイト