カーブドッチが来年3月に都内に初出店

店名は、「Värmen」

東京ミッドタウン日比谷

カーブドッチワイナリーを運営する欧州ぶどう栽培研究所(新潟市西蒲区)は来春、東京に初出店する。

三井不動産が来年3月29日にグランドオープンする地上35階建ての複合ビル「東京ミッドタウン日比谷」の2階に出店する。

店名は、「Värmen」で、欧州ぶどう研究所と、東京・代官山の人気ビストロ「Ata」が共同運営する。

魚介料理を楽しめるシェフカウンターと、スタンディングのローバーを用意。タパス、ピンチョスからフレッシュオイスターまで、ワイナリー直送のオリジナルワインとシーフードを堪能できる。