新潟県新発田地域振興局で車検切れの公用車を運行

車検満了後も22日間運行

新潟県新発田地域振興局は30日、同振興局農村整備部が管理する公用車で、車検の有効期限が切れていた後も運行されていたことが分かり新発田警察署に連絡した、と発表した。県庁内で自動車保険に関する照会があり、同部の担当者が自動車保険の期間とともに、車検満了日を確認し気が付いた。

車検の満了日は6月26日だったが、7月30日までの22日間運行され、その間、799km走行したという。新発田振興局では今後、車検有効期間の一覧表の共有、車検満了日のダッシュボードへの表示など公用車の管理を徹底していくという。

写真はイメージです