県、東洋濾紙と中条中核工業団地の土地譲渡契約

県は24日、濾紙、濾過器、試験紙などを製造する東洋濾紙株式会社(東京都)は、新潟中条中核工業団地への進出を決めた、と発表した。

同社は昭和8年の設立で、資本金は1億円。聖籠町に新潟工場を操業している。
今回新たに、中条中核工業団地の土地(約2・0ha)を取得し、工場や倉庫を建設する。投資額は16億円程度で、従業員40名(うち25名が新規雇用)。創業は平成31年1月の予定。